生理中の貧血はなぜ起こる?その原因と対処法について

1.生理中に貧血におちいらないために。貧血の原因や日頃の対策など

 

働く女性のみなさんは、生理中の貧血対策をどうしていますか?毎日忙しいと、ついつい自分の体のことがおろそかになってしまいがちですよね。ちょっと頭が痛ければ頭痛薬で済ませてしまったり、風邪気味だな、と思ったら、風邪薬で対処療法したり・・・と、なるべく不調はぱっと済ませてしまいがちなのではないでしょうか。

ですが、生理中は頭がふらふらする、などの貧血症状は、ぱっと薬を飲んで解決できることではないですよね。

1.1 そもそもどうすれば、貧血にならないようにできるのか

それは、日頃から根本的に貧血にならないように工夫する、ということに尽きるのです。

ここで、貧血とはなんなのか、そのメカニズムを詳しく見ていきましょう。
貧血とは、血液中の「赤血球」が減ることによって起こります。
もともと、血液というのは「赤血球」と「白血球」でできているのですが、貧血とは、「赤血球」が足りなくなると起こります。

なぜ、「赤血球」なのか?というと、赤血球というものは、血液となって体中に酸素を送るという重要な役目を負っているのです。
そして、この「血液中の酸素」が減ってしまっている状態のことを、貧血、と言います。
貧血のことを、医療用語で「鉄欠乏性貧血」と呼ばれることがありますが、多くの女性の貧血が、これに当てはまります。

女性には生理が毎月あるので、どうしても貧血気味になってしまうのですが、貧血になっているときは、「赤血球」が足りないんだな、という認識でほぼ大丈夫です。

1.2.赤血球を増やすためにするべきこととは?

それは、「赤血球を増やすヘム鉄を多く摂る」ということです。

「ヘム鉄」って何?という人のために、ざっと説明すると、赤血球とは主に、「ヘム鉄」と「ヘモグロビン」でできています。
「ヘム鉄」とは、赤血球をうまく活動させるために欠かせない成分であるということなのです。
赤血球を増やすためにヘム鉄を多く摂る、ということの意味は、イコール血を作る、と一緒だと考えていいでしょう。

では、ヘム鉄が多い食材や食べ合わせにはどのようなものがあるのでしょうか。

ヘム鉄を多く含む食品には、主に次のようなものがあります。

「肉類、魚の赤身、貝類、大豆製品、乳製品、」などです。

レバーには鉄分が多いことは有名ですが、レバーのような食品に含まれる鉄分こそが、「ヘム鉄」なのです。ヘム鉄とは、動物性の食品から摂れるものなんですね。
大豆製品などは植物ですが、ヘム鉄が豊富に含まれているので覚えておくとよいでしょう。

最後に、効果的な摂り方についてご紹介すると、ヘム鉄は、たんぱく質やカルシウム、ビタミンCなどと一緒に摂ると、体内への吸収率がとてもよく上がる性質があります。
ですので、食べ合わせとしては、肉類と野菜、野菜の入ったアサリやしじみなど貝類のお味噌汁、朝食に納豆など大豆製品とヨーグルトなどのカルシウム、といったものがあり、少し工夫するだけで効率よく摂ることが可能です。

毎日忙しくて自分が貧血気味なのかどうかもわからない、という女性でも、ときどき、自分の体の状態を振り返ってみて、少しでも、貧血かな?と思うような症状があったら、生理中の貧血などで困る前に、一度食生活の見直しをしてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ