鉄分不足が引き起こす症状と対策法

1.女性は特に注意の鉄分不足が起こす様々な症状と対策

鉄分不足が引き起こす症状として、特に女性の多くが、貧血を思い出すでしょう。貧血は、生理が毎月くる女性にとってはまるで友達かのようにつきまとう問題でもあります。
ですが、貧血の他にも、鉄分不足から起こる症状には見過ごせない少し怖いものも存在します。

それらも、もとを正せば、鉄分不足が原因なので、まずは鉄分不足が起こるメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

1.1.そもそも鉄分不足とはどういった状態のことを指すのか

鉄分がたりない=血が足りない、という連想をしがちですが、それは間違ってはいません。ですが、もっと正確に言うと、
血が足りない、とは、単純に血液の量が足りない場合に使う言葉で、鉄分不足によって血が足りない、というのは、血液の「質」のことを言います。
血液の「質」とは、「酸素を運ぶ血液であるかどうか」という意味です。

酸素を運ぶ血液、とは一体なんのことかと言うと、

血液は、「赤血球」と「白血球」にわかれており、
酸素を運ぶ役割を担っているのが「赤血球」のほうであり、酸素を運ぶ血液、とは「赤血球」のことです。

つまりは、鉄分不足で血が足りない、ということは、多くの場合が「血液中の赤血球が足りない」と言い換えることができるのです。

1.2.「赤血球」が足りなくなるとどのような症状が起こるのか

まずは、代表的な症状に、貧血、があります。正式には「鉄欠乏性貧血」と言いますがこれは、甘く見てはいけない症状で、軽度~重度までの段階があります。軽度であれば、食事療法などで比較的簡単に改善できるのですが、重度になると、起き上がることさえできなくなってしまいます。
最悪の場合、輸血レベルにまでひどくなることさえあるのです。怖いですよね。

さて、では貧血のほかには?と言うと、「とても疲れやすくなる」といった症状が見られます。
これは、貧血と連動していることですが、なんだか1日中だるい、であったり、疲れやすい、寝ても疲れが取れない、といった全身症状が出ます。
先ほど、赤血球は酸素を運ぶと書きましたが、貧血も疲れやすさやだるさも、この酸素不足が原因となります。

頭がぼんやりする、といったことも同様に、頭部の酸素不足が原因で、酸素不足になるのは、平地で、他に外傷や頭部中の病気がなければ、赤血球が不足していることによって起こることが多いです。

その他、女性にとってはけっこう深刻な悩みになりやすいものに、「体のどこかがむくむ」といった症状もあります。

代表的なものが、手足のむくみで、これも原因は、赤血球が運ぶ酸素の不足です。
酸素不足におちいった体は、酸素を補うために水分を体に多くとどめようとします。これがまず大きな原因のひとつで、また、酸素不足となった血管は痩せ、もろく、細くなってしまうので、血流が悪くなり、正常に排出できなかった老廃物が溜まったり、血管から水分が滲み出してしまったりすることがふたつめの主な原因です。

いずれも、鉄分=赤血球不足が原因ですが、血管が細くなってしまうなんて怖いですよね。

1.3. 赤血球を増やすためにどんなことができるのか

では、赤血球を増やすべきですが、どうすればよいかと言うと、ずばり鉄分を補うことです。特に、赤血球の修復に必要な「ヘム鉄」や「ヘモグロビン」を多く摂るようにします。
食事療法も効果的ですし、鉄分サプリメントなら、「ヘモグロビン」含有量の多いサプリメントが効果的です。
食事療法をするなら、即効性があるのは「レバー」など、ヘム鉄を多く含む食べ物と、動物性たんぱく質やビタミンCや、カルシウムといった、ヘム鉄の吸収をよくする栄養素を含む食べ物を一緒に摂ることが有効です。

鉄分不足になりやすい女性は特に、貧血のような症状が起こったら、その他の症状にもすぐになりやすい、ということを自覚して、早めの鉄分対策をしましょう。そうすることで、鉄分不足が引き起こす様々な怖い症状にも、ならずに済みますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ