妊娠中は鉄分が最も大事!妊娠中でも飲んで大丈夫な鉄分サプリメントの活用術

1.妊婦さんには鉄分と葉酸がとっても大事。飲んでも大丈夫な鉄分サプリメントとは

 

1.1.妊娠中に摂取しても大丈夫なサプリメント

妊娠中は、お酒はダメですし、喫煙もよくありません。さらに、風邪をひいても風邪薬すら飲めないなど、制約がたくさん出てきますよね。それは、お母さんの血液中に入った成分の中で、赤ちゃんへ行きわたるとよくないものもあるからですが、じゃあ、貧血になってしまったらどうすればいいの?という妊婦さんもいると思います。

妊娠中は特に、貧血になりやすいですし、赤ちゃんにどんどん栄養を摂られてしまうので疲れやすくなったりすることもありますよね。

中でも気をつけたいのが、鉄分不足です。ですが、栄養不足になってしまうし、お腹が空くからいっぱい食べなくちゃ!と、たくさん食べて太ると今度は妊娠中毒症などになるリスクが出てきますし、妊娠中の栄養については本当に、難しい問題ばかりです。
けれども、妊婦さんが妊娠中に鉄分不足になってしまうことは確かなので、じゃあ、食事以外での鉄分補給はどうすれば?ということで鉄分のサプリメントについて、妊娠中でも飲めるものはどんなものか、また、どんな成分が多いといいのか?についてご紹介していきます。

基本的に、無添加のサプリメントであれば、妊婦さんが飲んではいけないサプリメントはないと思っていいでしょう。つまり、合成添加物や着色料などが入っていないものですね。そこのあたりを気にし始めるとキリがありませんので、無駄なものが入っていない、ということをポイントとして覚えておきましょう。

1.2.サプリメントの種類と特徴

次に、鉄分のサプリメントの種類ですが、実はたくさんあります。単純に、「鉄分」「Fe」という明記のものから、「鉄分+ビタミンC」ですとか、「鉄分+葉酸」、などなど様々です。どれもこれも買って飲めばいいというものでもないので、妊婦さんと赤ちゃんのために必要な栄養素はどれか?ということをきちんと考えて選ぶとすると、大切なのは、鉄分とビタミンCが入っているという点です。

鉄分は、ビタミンと結合することによってきちんと体内に吸収されるもので、鉄分だけを摂っても実は吸収率が悪いのです。これは食事でもそうなのですが、ただ鉄分のみを摂るだけでは体内への吸収率がとても少ないのです。ですから、鉄分と、せめてビタミンCは入っているサプリメントを選びましょう。

さらに栄養素を追求すると、「鉄分、葉酸、カルシウム、ビタミンC」の4つの栄養素が入ったものを選ぶととてもいいです。
葉酸というのは胎児の成長の働きを助ける重要な成分で、鉄分と結合することで初めて「造血」することができるという栄養素です。加えてカルシウムは、鉄分とビタミンCの結合を助けると共に、妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも必須な栄養素です。

1.3.鉄分サプリメントを上手に活用しよう。

これら4つの栄養素の入ったサプリメントを選ぶことが大切ですが、一度にすべて入っていなくても、鉄分をサプリメントで補いながら、葉酸やカルシウムやビタミンCは食事で補う、といった方法もあります。 妊婦さんの体の調子と、お腹の赤ちゃんの発育過程でそのときに一番合った方法で、鉄分のサプリメントを選んでみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ